悪質業者の手口とは

クレジットカード現金化は手軽に利用できるなど便利な面が多いですが、トラブルが多いことでも知られています。
そのため利用する際は、業者の選定にも注意する必要があります。
ショッピング枠現金化の業者には悪質なところも多いので、その手口などを把握しておくといいでしょう。

・悪質な業者が多いです
現金が必要な時にすぐに振込んでくれる、それがクレジットカード現金化の魅力です。
現金の調達方法としては他にキャッシングもありますが、キャッシングの場合、事前に消費者金融などの審査を受ける必要があります。
消費者金融が行う審査に通らないとお金を融資してもらえません。
クレジットカード現金化にはそのような面倒な審査はありませんが、その分、悪徳・悪質な業者が多いのが特徴です。
実際に被害に遭った人もいますので、最初に被害の内容を把握しておくといいでしょう。

・悪質な業者のトラブルについて
悪質な業者は、様々な手法でみなさんを騙してきます。
キャッシングのような法外な手数料の請求より、かなりひどい手口もあります。
その中でも多いのが、ホームページに記載している換金率とは違う率でお客を誘因するものです。
例えば業者のホームページに、90%の換金率の記載があったとします。
ホームページを見たユーザーの中には、その魅力的な換金率に惹かれて申し込みをする人もいるでしょう。
しかし、実際の振込額はかなり低い金額になることが多いです。
悪質な業者によってその程度は異なりますが、中には実質率が50%を切る会社も少なくありません。
その振込額に疑問を感じたユーザーが問い合わせると、それらは手数料の分だと業者は主張してくるようです。
このように実質の換金率がかなり下がる場合がありますので、利用する際は注意する必要があります。

・業者の選択に注意してください
ショッピング枠現金化のサービスを利用する際は、悪質な業者を避けることが大切です。
これら悪徳業者は、様々な手口でユーザーを騙してきます。
実際に被害に遭った人も多いので、現金化会社の選択には十分注意してください。

関連記事