必要な時だけ使うようにしよう

クレジットカード現金化はとても便利ですが、メリットだけではなくデメリットも存在しています。キャッシングなどとは違い、還元率に大きく影響を受けてしまうデメリットは大きいので注意が必要です。

■必要な金額を把握しよう

急な出費などで現金が必要になってしまった時、まずクレジットカードのショッピング枠の空きを把握する必要があります。ショッピング枠現金化はクレジットカードで買い物をしているのと変わらないので、利用出来る金額に注意して行く必要があります。

また必要な金額を把握した上でクレジットカード現金化する事で、無理のない返済を計画する事が出来ます。またキャッシングとは違い、還元率に大きく影響するのでタイミングを計算して必要な金額だけ利用するようにしましょう。

■計画的に利用しよう

クレジットカード現金化を利用する場合、必ず返済までの明確な計画を立てておく必要があります。換金時間やタイミングはホームページや口コミから情報収集する事が出来るので、リスクも念頭に入れた計画を立てるようにしましょう。

また計画的に利用する事で実際のお金の流れを把握して行く事ができ、無駄のない計画を立てて行く事が出来るようになります。クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化はカード会社が提示している利用規約に対して違反行為に当たると判断されてしまう場合があるので、このようなリスクも存在している事を踏まえた上で利用停止などにならないように気をつけて利用する必要がある事を忘れてはいけません。

■現金化は最後の手段

急な出費などで現金が必要な時に利用出来るキャッシング機能、しかし限度額に達している場合は利用する事が出来ません。しかしショッピング枠を現金化する方法は枠さへ空いて入れば利用する事ができるメリットがあり、いざという時の強い味方になってくれる存在とも言えます。

またAmazon商品券やブランドものを購入し、それを買い取りしてもらう形で現金化します。この事からもわかるように還元率が高いタイミングで利用する事が何よりも大切になり、現金を作る最後の手段だと言う事を念頭に入れて利用する事が大切になる事を忘れてはいけません。

クレジットカード現金化が利用できる人

お金を調達する方法として注目されているのが、クレジットカード現金化です。
ご存知の方も多いと思いますが、現金化であれば比較的短期間での振込も可能です。
キャッシングより利用しやすいなど、現金化はメリットが多いことでも知られています。
しかし、誰でも利用できるわけではありませんので、自分が条件に合っているのかしっかり確認しておきましょう。

・ショッピング枠付きのクレジットカードが必要です
ショッピング枠現金化を利用する場合、まずはクレジットカードを用意する必要があります。
サービスの名前にもあるように、カードがないことには始まりません。
また、ショッピング枠に余裕があることも条件になります。
クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金化するシステムです。
みなさんがお持ちのカードを一度確認しておきましょう。
キャッシング枠に余裕あれば大丈夫です。

・クレジットカードに対応した業者
前述のように、ショッピング枠現金化は、ショッピング枠に余裕があるブランドのカードが必要です。
しかし、いくら条件に合致したカードであっても、利用する業者が対応していないとサービスの利用はできません。
現金化の業者によって使用できるブランドが異なりますので、事前に確認しておきましょう。
最近は様々なブランドに対応した業者も増えていますので、気になる方は専門の業者を一度比較検討してみましょう。
現金化会社を比較検討すれば、自分に合った業者が見つかる可能性が高まります。
また、直接業者に問い合わせてみるのもいいでしょう。
受付オペレーターが詳しく教えてくれるはずです。
このようにショッピング枠現金化を利用するには、条件を満たしておく必要があります。

・利用条件を確認しておきましょう
必要な時にすぐにお金を融資してもらえる、それがクレジットカード現金化の魅力です。
しかし、利用する際は、ショッピング枠に余裕のあるクレジットカードが必要です。
さらに、そのカードの利用に対応した業者であることも条件になります。

悪質業者の手口とは

クレジットカード現金化は手軽に利用できるなど便利な面が多いですが、トラブルが多いことでも知られています。
そのため利用する際は、業者の選定にも注意する必要があります。
ショッピング枠現金化の業者には悪質なところも多いので、その手口などを把握しておくといいでしょう。

・悪質な業者が多いです
現金が必要な時にすぐに振込んでくれる、それがクレジットカード現金化の魅力です。
現金の調達方法としては他にキャッシングもありますが、キャッシングの場合、事前に消費者金融などの審査を受ける必要があります。
消費者金融が行う審査に通らないとお金を融資してもらえません。
クレジットカード現金化にはそのような面倒な審査はありませんが、その分、悪徳・悪質な業者が多いのが特徴です。
実際に被害に遭った人もいますので、最初に被害の内容を把握しておくといいでしょう。

・悪質な業者のトラブルについて
悪質な業者は、様々な手法でみなさんを騙してきます。
キャッシングのような法外な手数料の請求より、かなりひどい手口もあります。
その中でも多いのが、ホームページに記載している換金率とは違う率でお客を誘因するものです。
例えば業者のホームページに、90%の換金率の記載があったとします。
ホームページを見たユーザーの中には、その魅力的な換金率に惹かれて申し込みをする人もいるでしょう。
しかし、実際の振込額はかなり低い金額になることが多いです。
悪質な業者によってその程度は異なりますが、中には実質率が50%を切る会社も少なくありません。
その振込額に疑問を感じたユーザーが問い合わせると、それらは手数料の分だと業者は主張してくるようです。
このように実質の換金率がかなり下がる場合がありますので、利用する際は注意する必要があります。

・業者の選択に注意してください
ショッピング枠現金化のサービスを利用する際は、悪質な業者を避けることが大切です。
これら悪徳業者は、様々な手口でユーザーを騙してきます。
実際に被害に遭った人も多いので、現金化会社の選択には十分注意してください。

クレジットカード現金化の選ぶポイントと選ぶ際の注意点

クレジットカード現金化を安全に行うためには、業者選びがキーポイントとなります。
クレジットカード現金化の業者は、優良業者と悪質業者が存在するため、必ず優良業者を選ばなければいけません。
では何を基準に選べばいいのか紹介します。

業者選びは数字だけでは選ばない

まず気を付けたい事は、クレジットカード現金化の業者を選ぶ際に、数字だけで選ぶのは危険だという点です。
数字とは還元率の高さだったり、入金までのスピードの速さだったりします。
当然利用する側とすれは、還元率は高ければ高いほど嬉しいですし、スピードも速いに越した事がありません。

相場で言えば、還元率は80%程度、そしてスピードは最短で10〜15分以内に入金されたら合格水準だと言えます。
他にも運営サイトではリピーター率の高さを謳っている業者も少なくありません。
リピーター率=実際に利用した人の満足度を現していますから、これも高いに越した事がありません。

ですが運営サイトに表示されているこれらの数字が本当であるという保証が実はどこにもないのです。
悪質業者であればあるほど、平気で嘘をつき、利用者を騙そうとしてきます。
そのため悪質業者の方が還元率を高く提示しているケースが多いのです。

なので数字だけで業者を選んでしまうと失敗する要因になると言えるでしょう。

業者選びのポイントについて

では数字で選ぶのではなく、何を基準に業者を選べばいいのでしょうか?
まず業者に関する情報収集を幅広く行いましょう。
人気ランキングサイト、まとめサイト、比較サイト、口コミサイトなどの情報を参考にして、総合的に評価が高い業者を選べば優良業者の可能性がた高いと言えるでしょう。

後は個別に業者に対して問い合わせをしてみて下さい。
初めてであれば、クレジットカード現金化に対して疑問や不安がありますよね。
それを問い合わせでぶつけてみて下さい。そしてその問い合わせが丁寧な対応、分かりやすい説明をしてくれる業者は信用出来ます。

クレジットカード現金化の悪質業者とトラブル

クレジットカード現金化を利用する場合は、業者選びが非常に重要になってきます。
業者によって還元率が異なるため出来るだけお得な業者を選ぶ事も重要ですが、それ以上に重要な事は悪質業者に騙されないようにする事です。では悪質業者に騙されるとどんなトラブルに遭うのでしょうか?

悪質業者のトラブル事例

クレジットカード現金化で悪質業者が起こすトラブルの中で最も多いのは、お金に関するトラブルです。
ただでさえお金に困ってクレジットカード現金化を利用している訳です。
なのにトラブルに巻き込まれて、さらに状況が悪化するのは避けたいところです。

お金に関するトラブルでは、提示されている還元率と異なるケース。
これは、還元率が98%と提示されているのにも関わらず、条件に該当しないなどと理由をつけて、どんどん還元率を下げ最終的には低い還元率になり、予定よりも入金額が減り損をしてしまいます。

ですが悪質業者の中では、まだ入金されただけマシだと言えるのかもしれません。
もっとひどい事例になると、業者が指定するキャッシュバック付きの商品をクレジット決済で購入したのにも関わらず、入金がないまま業者とは音信不通になってしまいます。

するとどうなるのかというと、価値のない商品を高額で購入させられて、後はクレジットカードから届く請求書を返済しなければいけなくなります。つまり価値のない商品代を騙しろられたという形になります。

トラブルに遭っても警察に言えない

しかしながら悪質業者にお金を騙し取られた場合でも、警察に被害届を出す事は難しいと言えるでしょう。
クレジットカード現金化は違法行為ではありません。
ですがグレーゾーンな存在であり、クレジットカード会社から禁止されている行為です。

またクレジットカード現金化を利用している人は、お金に困っている事を家族や友達にバレたくないと思っています。
でも警察に被害届を出してしまえば、周囲にバレてしまいます。
それに悪質業者は用意周到に準備をしているため、警察に捕まらずに逃げてしまいますし、被害届を出したところでお金が戻ってくる可能性も非常に低いと言えます。

そのため諸々の理由から、被害にあっても警察に被害届を出さずに、泣き寝入りしてしまう人が本当に多いのが現状です。